未分類

pdf 変換 おすすめwindows10(jpg・word・エクセル・サイト無料・ダウンロード)

 

 

pdf 変換 おすすめwindows10(jpg・word・エクセル・サイト無料・ダウンロード)

windows10でpdf変換する時は、どうすればいいかというと、変換用のソフトを選ぶことです。

ここでは、おすすめのpdf変換のソフトをご紹介していきます。

 

ぜひ無料でダウンロードしてくださいね。

 

サイト無料!pdf変換用のおすすめのソフト

 

まずおすすめしたいのが、Microsoft Officeです。

 

Microsoft Officeを立ち上げると、wordやパワーポイント、エクセルにpdfファイルを作る機能が備わっています。

 

このため、マイクロソフトのofficeファイルからpdfファイルを作るなら、新しいソフトが不要なのです。

 

使い方も簡単で、ファイルを保存する時に保存形式のところをpdfにするばいいだけです。

 

ただ、もっとしっかりしたpdf変換のソフトが欲しければ、やはり有料版をダウンロードすることになるでしょう。

 

Adobe Acrobat Reader DCではpdf変換はできない?

 

pdfというとアクロバットリーダーを思いつきませんか?

これは確かにpdf文書を表示させるのによく使われます。

 

基本的にはpdf文書の表示ですが、有料版のプロを使えば、コメントやマーカーを挿入

することもできるのです。

 

アクロバットリーダーは有名なので、安心して使えるというのも魅力です。

 

windows10ならあらかじめ導入されていることが多いですが、装備されていなければ、改めて導入して損はないソフトです。

 

ただ、pdf文書は作成できません。

 

pdfファイルの文字や画像を直接書き換える機能が用意されていないからです。

 

pdfをjpgに変換するには?

 

pdfをjpgに変換したい時もあるでしょう。

その場合は、下記から変換できます。

https://www.ilovepdf.com/ja/pdf_to_jpg

 

windows10のwordやエクセルを使ってpdf変換するやり方

 

wordやエクセルで作成したデータを、pdf変換したい時はありませんか?

 

それなら、下記の手順で変換しましょう。

 

  1. wordやエクセルのファイルを開く
  2. 名前をつけて保存を選ぶ
  3. ファイルの種類をpdf形式にする
  4. 保存を押す

 

このプロセスでpdf変換ができました。

 

このpdf変換されたファイルをダブルクリックすれば、開いてpdf文書として表示されます。

 

アクロバットリーダーは、たいていwindows10に導入されているため、表示だけなら自動的にできるでしょう。

 

勝手にpdfファイルが開くようになっています。

しかし、編集作業を加えるならば、無料のアクロバットリーダーだけを使っていては

できません。

 

有料版の契約をする必要があるのです。

 

しかし、アクロバットリーダーの有料版には無料期間がついています。

 

そこで、アクロバットリーダー有料版がどのような使い勝手から確かめ、気に入れば契約するといいでしょう。ちなみにpdf変換するために何かインストールする必要はありません。

pdf文書化されたものは、印刷することもできます。

windows10のパソコンから直接印刷する時は、その文書がwordでもエクセルでもできますが、もし違うデバイスからusbデータを使って印刷する場合、注意が必要です。

usbに読み込む文書は、pdf化しなければusbから印刷できません。

 

おわりに

 

pdf変換と聞くと何やら難しそうに聞こえるかもしれませんが、windows10であれば、特に無料ソフトなど追加しなくても、そのままpdf変換できるはずです。

 

ファイルを保存する時に、pdf形式を選べばいいだけなので簡単でしょう。

 

もともとはword形式でも、pdf変換すればpdfの文書として保存できます。

ダウンロードやインストールが不要なのは便利ですよね!

-未分類

Copyright© Zoom(windows10の日本語版をパソコンで無料ダウンロード、インストール) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.